海中の宝石 jewels in the sea

癒しになるかどうか疑問ですが、写真自体は綺麗なので動画にしてみました。
NATIONAL GEOGRAPHIC 日本版のPC用壁紙です。
2008年8月号の特集『地球にひとつの生命 海の小さな人気者 ウミウシ』からウミウシです。
写真家の名前などを切り取らないようにするため、まったく加工していません。
16:9にすればもっと大きくできたんですが。

まるでガラス細工かプラスチック製の置物ですね。

わたしはまったくといっていいほど、この生物についての知識がないので、wikipedia先生に解説をお願いしましょう。

 ウミウシ(海牛)とは後鰓類中で、貝殻が縮小、体内に埋没、消失などした種の総称。
後鰓類(こうさいるい Opisthobranchia《ラテン語の opistho (後ろの) brankhia (鰓)》)は、軟体動物門腹足綱(巻貝の仲間)に属し、以前は後鰓亜綱とされていた。近年は、希に後鰓目とすることがあるが、正式な分類群としては認めないことが多い。後鰓目を置く場合、以前の目は繰り下がって亜目となる。このような不統一があるため、以下では原則として、分類群は単に類とする。
主に浅い海の海底に生息し、世界中に分布している。体長は数mmから20-30cm程度まで。形態は種によって変異に富み、色も青、赤、緑、黄色、ピンクなど、鮮やかな原色系の体色を持つものから地味なものまで様々である。種によって触角は2対から1対で分岐するものや全く欠くものもいる。基本的には貝殻を持たないが、痕跡的な貝殻を持つものもいる。
なお、「海牛」と漢字で書かれた場合は「かいぎゅう」と読み、ジュゴンやマナティーなど海牛目の海棲哺乳類を指すのが通常である。
通常食用には適さない。

なるほど、そうですか。
貝の仲間だけど、殻がないかめだたないものということですね。
勉強になります。

曲はDOVA-SYNDROMEさんのピアノ曲です。
以前も使わせていただきました。
)()(


広告