精霊の宿る地 The land which spirits live

アメリカ合衆国の歴史では先住民との抗争を抜きにしては語れませんね。
西部開拓時代に白人(ヨーロッパからの入植者の子孫)が開拓する際、現地に既に住んでいた先住民(ネイティブ・アメリカン、「インディアン」といったほうがよくわかるかもしれません)との間で取り決めがありました。
土地に関するものが「インディアン居留地(保留地・リザベーション・自治区)」のようです。
当初は平和裏に行われたようですが、時代が下るにつれ、白人と先住民の抗争だけでないく、先住民の部族同士の抗争など、痛ましいものに変わっていきました。

ですが、その悲しい歴史をどうこうというわけではなく、美しい風景で癒されてほしい、その想いから作った動画です。
「精霊の宿る地」と題しましたが、これはネイティブ・アメリカンのあいだでは、自然を神や精霊として崇めたことを意識してのものです。
信仰のもとには、自然の美しさや威厳、ときには凶暴さがあったのだろうと思います。
そういう厳かな雰囲気からか、息を呑むほどの瞬間を写真家さんが捉えてくれています。

写真はナショナル・ジオグラフィック日本版2010年8月号の特集『よみがえる先住民の大地』からのものです。
撮影はすべてJack Dykinga氏によるもの。
撮影場所は順に以下のとおりです。

ニューメキシコ州サンタクララ・プエブロ居留地
フロリダ州ビッグ・サイプレス居留地
フロリダ州ビッグ・サイプレス居留地
モンタナ州ミッション・マウンテンズ部族自然保護区
モンタナ州ミッション・マウンテンズ部族自然保護区
ワイオミング州ウィンド・リバー・ロードレス・エリア
モンタナ州フォート・ペック居留地
モンタナ州フォート・ペック居留地
オレゴン州/ワシントン州ネズパース・プレシャス・ランド
オレゴン州ネズパース・プレシャス・ランド
アリゾナ州フォート・アパッチ居留地
アリゾナ州フォート・アパッチ居留地
ミネソタ州レッドレイク居留地
ミネソタ州レッドレイク居留地

これらの先住民居留地は全米に280もあるそうです。

音楽が写真の持つ素晴らしさに溶け込み、一層の魅力をかもしだしてくれていますね。
BensoundのBenjamin TISSOTさんの『BETTER DAYS』という曲を使わせていただきました。
ツイッターはこちら


Midnight – the Nampey

少し哀愁漂うメロディーに、東京・横浜の夜景を合わせました。
night scenes to a little blue melody.

photo: ラブフリーフォト (http://lovefreephoto.jp/)
music: the Nampey (https://www.facebook.com/thenampey/?ref=ts&fref=ts)

 

今回もthe Nampeyさんの楽曲を使用させていただきました。

なんともいいがたいメロディーが哀愁を誘います。

タイトルは『Midnight』、深夜・真夜中ですね。

ちょうど正午の真逆です。

 

なお、the Nampeyさん、2016年4月2日(土)埼玉県川口市のライブハウスでライブコンサートを行うようです。

以下FBファンページより転載させていただきます。

the Nampey ライブのご案内

大変お待たせしました。the Nampeyでは2年ぶりのライブを開催いたします。
今回はフルートがメンバーに加わり、新しいタッチでthe Nampeyの音楽を
お送りいたします。皆様のご来場をお待ちしています。

伊藤貴之/wind synthesizer
大里みどり/drums
北田由紀子/flute
横山勝己/piano(特別出演)

Date: 2016/4/2 (Sat)
Open 12:30 / Start 13:00
Place: CAVALLINO(川口)
http://www.live-cavallino.com/
Charge / Adult(中学生以上)1500yen (小学生以下無料) ※1ドリンクつき

◎全席自由、禁煙の公演となります。ご協力お願いします。

◎2ステージ制で、全曲我々の作曲によるオリジナル曲です。
時間は目安として
1回目が13:00~13:40、2回目が14:00~14:40
です。1回目と2回目は、全て別々の曲です。
いまのところ全14曲程度の予定です。1回の入場料で両方聴けます。

ナマで聴けるチャンスですよ!

 

写真は「無料画像の写真素材♪ラブフリーフォト」さんの写真です。

今まではヨーロッパの風景が多かった(といってもまだ数本しかありませんが)、東京・横浜の夜景です。

時間的には曲のタイトルより数時間前ですが、曲調とよく合っている気がします。

身近に感じる人も多いのでは?

 

Quiet Yell – the Nampey

イタリア・トスカーナ地方ののどかな風景に合わせて、情緒 豊かな音楽をお楽しみください。
Enjoy the emotional music with pastral scenary in Tuscany, Italy.

一度は訪れたい場所のひとつです。

どんな場所なのか、Wikipedia(日本語版)さんに解説をお願いしましょう。

イタリア半島の中西部に位置し、ティレニア海に(定義によってはリグリア海にも)面して、おおむね三角形状の領域を持つ。ティレニア海上にあるエルバ島など、トスカーナ群島と呼ばれる島々を管轄下に置く。州都フィレンツェは州域の北部に位置し、ボローニャから南へ約81km、ペルージャから北西へ約118km、ジェノヴァから東南東へ約197km、首都ローマから北北西へ約231kmの距離にある。

トスカーナ州の州旗 トスカーナ州の紋章
トスカーナ州の州旗 トスカーナ州の紋章

Tuscany in Italy.svg

イタリアの旗イタリア
地域 中央イタリア
州都 フィレンツェ
面積 22,990.18 [1]km²
人口 3,749,813 [2]2011年1月1日
人口密度 163.1 人/km2
アレッツォグロッセートフィレンツェリヴォルノルッカマッサ=カッラーラピサピストイアプラートシエーナ
コムーネ 287 (一覧
公式サイト http://www.regione.toscana.it/

芸術の都フィレンツェやピサなど有名な観光地があるところです。

 

写真はCruzine Design, Dreamy Pixel。

美しい写真をありがとうございます。

 

音楽は前回同様、the Nampeyさんのもので、『Quiet Yell』という曲です。

直訳すれば静かな叫びといったところでしょうか。

yellは日本語ではエールと表記されますね。

この意味では声援ということになると思います。

「叫ぶ、大声をあげる」というのが元々の言葉の意味で、動詞・名詞が同じ形で使われます。

ゆったりと流れるような旋律が写真の雰囲気にぴったりだと思います。

 

いかがですか。

気に入ってもらえたら嬉しいですね。

できればYouTubeのチャンネル登録もお願いします。

https://www.youtube.com/channel/UCA5Fl28p0N-FDqPnUvaK9Jg

 


 

 

scenery haven’t seen yet 未だ見ぬ景色

この動画、実は携帯にあらかじめ入っていた動画と写真で作ったものです。
なので、写真家さんや撮影場所など詳細は全然わかりません。
(ものによっては、画像を拡大すると読めるかもしれませんが。)

音楽は、著作権フリーBGM配布サイト『HURT RECORD』さん(www.hurtrecord.com)のものを使わせていただきました。
著作権フリーBGM配布サイト HURT RECORD ロゴ素材

世界中の景色を一生のうちに見ることはできないと思いますが、すこしでも多く綺麗な景色を目にして、ココロに栄養を与えたいものです。


 

African Winds – BANDARI

待望の?第3弾。

今回は雄大なアフリカの大地を舞台に、旅情あふれるものに仕立てました。

素晴らしい写真はCruzine Designによるものです。

曲は前回同様、BANDARI。

何度聞いても癒されます。

皆さんの心にも安らぎをお届けできていますでしょうか。

これからもどんどん癒し系動画を投稿していきますので、乞うご期待。

 


 

//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});